FC2ブログ

「いざ撮影開始」午前の部 

通常『撮影』というと、どの程度時間がかかると想像するものなのでしょう?

作るものによって、ショット数も変わるのでしょうが、今回の場合、
「カタログ」や「WEB」で使う画像なので必要枚数も限られていることもあり、
当初私は、2~3時間程度で終了する程度と思っていました。

ところが!弊社社長からは、撮影前に「1日かかるよ」と通達されていました。
朝の10時頃から夕方1まで、丸まる~っと1日。。。

「何ゆえ、そんなに時間がかかるのか?」というと、結局納得のいく
"ベストショット"を生み出すまで、様々な「調整」の繰り返しの作業から
『創造物が生み出される』という作業になるためかかるらしいのです。


なるほど、撮影が始まってみると、1ショットを撮影するたびに、
そのショットがモニターに映し出され、「ショットの光加減」や「彩度」、
「カメラアングル」「モデルのポーズ」や「顔の表情」や「影」などなど。

その「確認&調整」の中で、幾度もスタイリストさんがモデルのヘア・メーク
の手直しを行なったりという作業も加えられ、1つのポーズを撮るための
「準備」もさることながら、『納得できるショット』に到達するまで
何度も何度も繰り返されたのです。

あるポーズでは1時間以上かかってようやく「OKだね」というものもありました。

でも聞くところによると、「1時間」はまだ短いほうで、延々と「数時間」も
1つのショットを完成させるために費やすケースもあるのだとか。。。


さて、撮影はまず、カタログの2面抜きで”Amoop”の特徴を説明するページに
使われるいわば「カタログの顔」のショットから開始されました。

ショットに使われるポーズも実際のヨガのポーズを取っていただき撮影が
進められるのですが、ここでは、数あるヨガのポーズから『はとの王者』。

このポ-ズは正直、「片足を折りまげて上体を上方へ開く」ポーズなので、
撮影開始当時、モデルのEさんの上体がちょっと前に倒れがちでした。

下半身から垂直に上体を伸ばしたショットを取るため、何度もとりなおしを
お願したのです。

実際、朝一番がこのポーズでの撮影であり、エアコンの涼しさも加ってか、
はじめは硬さの見られたEさんの身体にも、撮影時間がたつにつれて柔らかさが
蘇ってきます。

そして、撮れば撮るほどポーズには『凛』とした「美しさの筋」が差し込まれ、
モニターに描き出されたショットが、どんどんよくなっていくのがわかりました。

もちろん、時間の経過だけが「ショットの質」を上げていったのではありません。

カメラマンさんも、さすが著名どこのモデルさんを撮影している方だけあってで、
Eさんのプロ根性をうまく引き出しているのが印象的です。

「ベスト・ショット」を捕らえようと、Eさんに向けられた言葉も絶妙です。
スタジオ内に響く語りかけが「あとちょっと!」というぎりぎりのラインを
引き上げる妙薬になっていました。

「うん、いいね、そんな感じ!」
「顔、もう少し上げていこうか?」
「うん、きれいだね。。」

そんな繰り返しのなかでモニターに映し出された「ショットたち」はなるほど、
皆が頷くくらいに美しく変化していき、まるで『神の手』がかけられたような
『1つの芸術品』になっていくのです。

この「はとの王者のポーズ」を6~8ショット連続して撮ったときなどは、
このポーズは座りポーズながらかなりカラダを開き、バランスを保持するのが
かなり難しいポーズなんですが、ポーズをキープしているモデルさんにかかる負荷も相当なもの。。。

そのショットのあと、Enaさんがポーズを解きながら漏らした「ふ~っ」という
声で、スタジオ内に笑いが広がったんですね(o^-^o) 。

そのときなぜか、「映画監督」が「俳優さん」がもつ限界以上の演技を
引き出そうといろんな要求を続け、「何テイク」も撮りなおしをする
という話を思い出しました。

そういう厳しい要求とそれに応えようとする中で広げられる「プロの鬩ぎあい」
のなかでこそ、素晴らしい映画が作られていくんだなぁ、などどいう思いが
頭をよぎったのです。

そんな意味では、映画もカタログも同じ「芸術」だといえますね。


またこの「芸術」が作られる過程でも目を見張ることがしばしばありました。
例えばウェアを「どんなアングルから」取ることで、「どんなテイストに」
仕上がるのか、に『大きな差』が出てくることが挙げられます。

それはまるで、そのショットごと「ヨガウェアも呼吸」をしていて一緒に撮影に
臨んでいるかのようなのです。そして、Eさんとの呼吸がぴったり合った瞬間に
まさに、「ベストショット」が生まれるのではないかと感じました。

そんな専門家の「智恵」と「経験」そして「情熱」が作り出す「撮影画像」
のもつ威力というかパワーに生で触れた瞬間でもありました。


そんな『感動』をむねに、「午前の部」が終了しました。


“AMOOP”カタログ撮影 ~その1:撮影準備まで~ 

2007年7月3日(火曜日)、東京のとあるスタジオの一室に私たちが到着
したのは、約束の時間をちょっと遅れて(汗)、10時すぎごろのこと。

この日は、"AMOOP"ブランドの顔となる「カタログ」を始め、WEBの
イメージ画像の撮影でした。


この日の撮影メンバーの顔ぶれはと言うと。。。

まず、全体的なプロデュ-サーとして撮影を取り仕切っていただく
デザイン会社の社長さんで、D氏。また、D氏の片腕として、"AMOOP"カタログ
のデザインを企画・構成等々まで担当いただいているSさん。
それから、カメラマンのY氏と画像デザインのプロのO氏、そしてスタイリストさん。

こうしたプロのクリエイティブ集団に加え、"AMOOP"のイメージを表現していただく
主役のモデルさんと、弊社社長の野中と私yogalamとで、総勢8名の撮影隊と
なりました。


私たちがスタジオに到着したときには既に、モデルさんはスタジオ入りし、
ヘアメークの最中でした。

実は私は、モデルさんの選考時には立ち会っていなかったので、
どんな方かは写真で見ただけ。 

直接お会いするのは初めてでしたので、同じ女性としても「美しさに触れる喜び」
に、ちょっとドキドキしていました(笑)。


モデルさんの選考は、撮影から遡ること約1ヶ月前の6月のはじめ頃。

デザイン会社さんのほうでまず、20数名のモデルさんの資料から、
『ヨガのポーズがキレイにできそうな方』を7名選考いただきました。

その後、弊社でさらに"AMOOP"のイメージに合いそうな4人の方を
その中から選んで、実際にこの方たちにカメラチェックのために、
スタジオに足を運んでいただいたのが、6月の下旬。

最終的に、"AMOOP"のイメージモデルに決定したのは、Eさんでした。


透き通るような白い肌に、バレエ仕込みのそのカラダは「スレンダー」で、
且つ「しなやか」にきゅっと引き締まっていて健康美を彷彿させる、ナイスバディ!

顔立ちも「ナチュラルさ」と「爽やかさ」をかね揃えていて
『ヨガを通じて美しさと健康を実現』したい "AMOOP" のイメージと
ぴったりだったのです!



さて、撮影に先立ってまず行なったのは、撮影時のポーズの確認でした。

カタログに使うポーズについては、概略の企画案はデザイナーのSさんから
撮影前にいただいてはいたのですが、最終的な調整確認の意味で、
再度打ち合わせが行なわれたのです。

全体の構成上から、どのウェアをどのポーズでどの角度から撮影するか。
カタログのどの位置に、どのショットをどんなフレーミングで載せるか。。
そしてどんなテイストの仕上がりに作り上げていくか。。。


そんな最終調整打合せと並行して、スタジオの撮影調整が進んで行く中で、
いざ、本番!の撮影へとスタジオ入りしたのでした。

カラーバリエーション 

“Amoop”は、「ブラック」「ホワイト」といった

『モノトーン色』専門の ヨガボトムスのブランドです。


カラーバリエーションをあえて「ブラック」「ホワイト」のみに
絞ったのは、大きく分けて3つの理由があります。


1つめは、モノトーン色の持つ『合わせやすさ』にあります。

特に「ブラック」は既にお持ちのウェアの「色」や「デザイン」などにも
全くと言っていいほど左右されず、どんなウェアに合わせても、
簡単にフィットしてくれ、悩まずに着まわしできます。


「ブラック」は特に、下半身をほっそり見せる効果があることから、
ヨギーニのウェアアイテムとして、登場率が高い傾向にありますますが、
それ以外にこの”合わせやすさ”も、外せない理由になっています。



2つ目の理由は、『いざという時』に使いやすいコンビであることです。

例えばお気に入りのヨガの先生のクラスを受けるとき。
有名な先生のワークショップに参加するとき。


どのウェアを着て参加するかがまた、ウレシイ悩みの1つですが(笑)、
モノトーン上下のウェアは、『シンプル&シック』に演出してくれる
「パワー大」なのです。


実際、トップスとボトムスを、

「ブラック X ブラック」
「ホワイト X ホワイト」

にしたシンプルなコンビは、プロのヨギ-ニの"必須コンビアイテム"
だとも言え、ワークショップでもこの組み合わせをした

“品”と”華”

のあるヨギ-ニを、何人も見かけるたびに『モノトーンパワー』は偉大だ!
と感嘆せずにいられないこと、しばしばでした。


しかも!

上級ヨギ-ニのこの"パワーテク"を、初級~中級ヨギ-ニも活用できます。


なぜなら『モノトーンコンビ』は ”シックな演出” が得意なので、
「ブラック X ブラック」や「ホワイト X ホワイト」の組み合わせで

「控えめ」に、且つ
「品格は失わない」

ヨギ-ニとして、存在感が高まるのです!


そして3つ目の理由ですが。

同じモノトーンカラーのウェアでも素材の違いを始めとして、
「丈の長さ」や「ウェストのカット」「裾のデザイン」の違いなど、
シルエットが大きく変わってくることが挙げられます。


こんなにもメリット大の「モトーンウェア」を、様々なシルエットの
アイテムたちからより楽しんで選んでいただき、ハッピーにヨガを
続けていただくために、”Amoop”では「ブラック」と「ホワイト」に
絞って品揃えをしています。

色づかいでウェアを選ぶ楽しさとはまた一味違った『喜び』を、
"Amoop"で体感して頂きたいと考えています。


素材選びについて 

先日、Amoopで使っている素材の「サプレックス」について、
簡単に触れましたが、今日は、もう少し詳しく、

いかにして、"サプレックス(+ ライクラ)"が選ばれたのか? 

について、お話したいと思います。


実は、ヨガ・フィットネスウェアで使われている素材には
様々な素材が使われており、私たちも、どの素材が果たして
"Amoop"の考えにマッチするのか?と試行錯誤を随分長い間繰り返しました。

というのも、例えば「ナイロン」素材についても、素材メーカさん毎様々な
「ナイロン」を発売していて、それぞれ微妙に違いがあることや、

「綿100%」のように1素材100%で使われているケースだけでなく、
「綿92%、ポリエステル8%」などのように、何種類かの糸が
組み合わされて1つの素材になっていることも多いことから、

『どの素材がヨガに適しているのか』、
『どんな素材の組み合わせが、より肌触り良いか』、また
『動きやすさや、シルエットの美しさは、どれか?』

の見極めに時間がかかったためで、何度もデザイナーさんを交えて、
検討を重ねたのです。


例えば、「エクササイズ・ウェア」の素材として求められる要素として、

* 運動中、動きやすいかどうか?
* 汗をかいても熱がこもらず、通気性が良いか?
* 継続使用が可能か(耐久性や摩擦強度は?)
* お洗濯してもすぐ乾くのか?
* 脱ぎ着のし易さや着心地の良さは?(素材が重過ぎないか?も含めて)

などが挙げられます。


その中で、私たちがどうしても”Amoop”から外したくない着目点が、
“着心地の良さ”と”乾きやすさ”、そして”耐久性”でありました。


なぜなら、ヨガを「一過性」で終えるエクササイズではなく、
『ウェルネス作りのための、日々の習慣の一部』として捉えているからです。

確かにヨガは、1~2回やってみただけでも、普段使っていない筋肉を
伸ばしたり、コリをほぐしたりする効果があるので、ヨガの癒し効果は
実感しやすいのですが、同時に『真の健康』や『ひきしまったボディ美』は、
続けてこそ実現できる!ことは、みなさまご存知の通りです。


ですから、"Amoop"のウェアは、ヨギ-ニが日々、健康的に美しく
「変貌」していく過程で、何度も何度も練習を重ねても、
その練習にあわせるように、繰り返し洗濯しても、よれず、形が崩れない、

『耐久性』

そして、練習するときにいつもお供ができるように、洗濯してもすぐ乾き、
気になる臭いがつきにくい、

『速乾性』

のある、「扱いやす~い」ヨガウェアであることを求めました。


では、具体的に何の素材が良いのだろう。。と。


例えばヨガウェアでよく使われている「綿100%」はどうでしょうか?


肌ざわりのやわらかさや着心地の良さ、それから生産コストの面からも
メリットがあることから、メーカさんからも提案を受けていた素材です。
でも、私自身の苦い体験から、「綿」は開発当初から選択肢から外していました。


というのも、実はこの「綿のヨガウェア」。

某外国ヨガウェアのブランドのもので、デザインがかわいいこともあり、
頻繁にヨガの練習に登場させていたのですが、繰り返し使っていくうちに、
生地の傷みが目立ち始め、ヨレヨレしてきたのです。

おまけに洗濯しても乾きにくく、乾きにくさが余計

『におい』

の付きが増長していた、などのデメリットが目だってきたのです。

お陰で、以前はお気に入りの一着でしたが、今ではごくたまにのみ
使うばかりとなりました(涙)。


「数回程度使う」レベルで”Amoop”を着ていただければ良し、
という考えであれば、こうしたデメリットには目をつぶれますが、

繰り返しヨガを練習して『ご自身へウェルネスの投資』をして頂くために
長くお使い頂きたいための"AMOOP"です!

「綿100%」は“AMOOP”的には、ヨガウェアとしては相容れない素材
だと言えます。



そんなこんな中で、最終候補に上がったのが、

① Supplex(サプレックス) 100%
② Nair(ナイアー)

でした。

②の”Nair”という素材はイタリア製のもので、素材自体がとても柔らかく
耐久性も高いという強みのある良い素材でありました。

しかし『肌触り』の面ではダントツ、「綿の肌触り」という触れ込みで
開発された"サプレックス"にはかなわなく、また"サプレックス"のような
『コンプレッション効果』も期待できないことから、最終的にはNairは却下。
"サプレックス"に決定したのです。


そして。最後の最後の駄目押しで、さらに『仕上がり時の手触り感』を
ソフトに出来ないか?の打診をメーカさんへ試みてみました。

"サプレックス"自体で既に、通常のナイロンよりも3割程度や柔らかく、
手触り感もなめらか~であるのに、なんとも欲張りな試みではありましたが。。。


そんな要求に応えて登場したのが、

「"サプレックス"に"ライクラ"をプラス」すること、
そしてモウ一つが。。
企業秘密です。。。(笑)


Lycra(ライクラ)糸は伸縮性がスグレモノのストレッチ素材で、
とってもとっ~ても細い糸で「ゴム」のように伸び縮みするため、
ライクラを配合することで、カラダへのキレイなフィット感がUPし、
ウェアの着脱もさらに楽にしてくれるようになりました。


モウ一つの秘密、というのは。
「仕上げ」にちょっと工夫を加えてもらったことです。


いつも何気なく着ているスポーツウェアですが、素材のセレクション
1つをとっても、機能性の違いから、着心地の違いまで、こんなににも
違うものなのだと、つくづく『素材のもつパワー』に魅せられた、
素材選びでありました。

Amoop的「美」の構成方程式 

Amoopの「"美"づくり」の特徴は、全アイテムに共通して採用している、


"ウェスト・ヒップ部のカッティングデザイン"、

そして

"素材の持つ強み" から構成されています。



1つ目の大きな特徴は、股下ガゼットをつけた"3Dカッティング"で
仕上げられている点です。

この

”立体設計”


により、ヨガパンツがすっきりとお尻を包み込むようにフィットし、
これまでの2Dカッティングではうまく出しにくかった、
"カラダ本来のやわらかなシルエット"が、美しく描き出されます。

また、パンツのウェストラインを股上を短めにおさえているため、
ウェストのくびれをキレイに見せてくれる「おへそライン」の仕上げている
ので、”女性らしいしなやかなボディ”を演出してくれます。


そして、使用しているファブリックも、"Amoopの美の方程式"には
かかせない役割をもっています。

AMOOPウェアで使用している『サプレックス(+ ライクラ)』は、
デュポン(現在はインビスタ)が先端技術をもって創りだした、

『綿素材』

のような柔らかさのある「ナイロン」です。


ナイロンは元々、シワが出来にくい点や耐久性や耐磨耗性などが優れている
素材ですが、"サプレックス(Supplex)"は、極細の”マルチフィラメント
(長繊維)構造”によって、通常のナイロンよりも「36%も!」柔らかく
なっているのです。


その上、"Supplex"で使っている糸は固く、しっかり編んであるので


"コンプレッション効果"


が、カラダを締め付けすぎず、それでいてきちんと"お肉をサポート"
してくれるので、『ヒップアップ効果』という「オイシイ効果」も実現
させてしまっているのが、Amoopパンツなのです。


こうしたデザインと素材のもつ強みによって、AMOOPをただ"心地良い"
だけのリラックスウェアから

「"美しさも"兼ね備えてつくれるパンツ」

へと、欲張り変革させてくれています。