FC2ブログ

ヴィンヤサの流れに乗ってヨガの海を泳ぐ②~mayaさん~ 

職人の父の血を引いている私は、頑固な性格なのかもしれません
昔から何事も自分できちんと納得できないと受け入れたくない性質で
好き嫌いは割とハッキリしていました。

今までいろんなヨガのクラスを受けてみて
  「自分に優しく~」
    「自分を受け入れて~」
      「もっと自由に~」
        「空に向かってハートを開いて~」...

そんなLove&Peace的な
曖昧なクラスはどうも虫唾が走って好きになれなかったし、
ゆったりすぎて眠くなるのや動きが少なすぎて寒くなるのも嫌でした
そしてヴィンヤサスタイルのヨガに行き着いたわけですが、
最初は単にヴィンヤサの動き自体がダンスのようで楽しかったのと、
汗もかいて爽快感があったので好きになったのかもしれません。

ただ、
  「心地よく動く」ことと
  「何となく動く」ことの間には
                  ハッキリした違いがあります。

それは、きっちりしたアライメントがあり、
呼吸がスムーズに流れているかどうかです。

Mayaさん1

今までいろんなヨガのクラスやワークショップを受けてみましたが、
いいと思う先生には共通点があり、例えば
「かかとはこう、そうするとこうなる。ひざとつま先はこう、
角度は、伸びてゆく方向性は、下半身と上半身の関係性は...」と、
かなり細かくポーズを直し、
それをするとどうなるのか?また、なぜそうするのか?
ということを必ず教えてくれました。

身体で納得しないと
アサナは理解できないな、
と思ったんです。

私自身はアイアンガーヨガのみを本格的に勉強したことはありませんが、
アイアンガーの要素はどのヨガにも必要だと思います。
基礎があるからFlow=ヴィンヤサが生まれるのであって、
何となくふんわりゆらゆら動いたらそれはそれで楽しいのかもしれませんが、
それは私のしたいヨガの練習ではありません。
また、柔軟性や勢いに任せてやると
ヨガではなく単なるエクササイズになってしまいます。

動きの中に注意を払い、
正しいアライメントでポーズとポーズの間を味わいながら繊細に動く。
そうすることで一瞬一瞬、
つまり“いま”を感じることができるし、
自分の身体や心にもっと興味を持つことができます

maya

つづく・・・

A M O O P

スポンサーサイト



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amoop.blog114.fc2.com/tb.php/110-e1d02b19