FC2ブログ

"AMOOP(アム-プ)"の由来 

「なんとも変わった”音”のする名前だなぁ」
この聞きなれない名前を初めて耳にしたとき、こんな風に思ったのを思い出します。

そしてこの名前"AMOOP"こそ、私たちが開発立上に情熱をかけた、ヨガウェアの
ネーミングとして、今に到ります。

このちょっと変わったネーミングに決まるまでの裏話について、今日は
少しばかりお話したいと思います。


ネーミングの検討に入ったのは、2007年が幕切れして間もない2月。
各開発チームメンバーは、この新しいヨガウェアに新しい息吹を吹き込むため、
各自10個の「ネーミング候補」を持ち寄ることになっていました。

しかし、持ち寄るにあったては「条件」が課せられていたのです。

それは「ヨガウェアのコンセプトにちなんだ名前」であって、且つ、
親しみのもてる名前であること、それらを満たすこと、でした。

「コンセプト」とは、
"active, comfort, excellent"

アクティブに、快適に、そして優雅にヨガをするイメージを醸しだすもの
であることでした。


この課題に沿って、それぞれの角度から、メンバーたちはネーミングを
持ち寄りました。

あるメンバーは、ヨガの聖地インドから、「美しい女性」の意味を持つ
女性の名前を集めてみたり、またあるメンバーはヨガの教本から、
コンセプトにフィットする言葉をチョイスしてみたり。

私はというと、ヨガにまつわる地名やポーズ、サンスクリット語の言葉
を拾い集めました。

皆に共通したのが、何かしら「ヨガ」や「インド」に関係する言葉を
使いたがっていたということが、明らかだったことです(笑)。

そして投票の結果、最後に残ったのが、リームリーダーSの出した、
“AMOOP(アム-プ)”と、yogalamこと私の出した”Mysoul(マイソール)”
でした。


私の挙げた"Mysoul(マイソール)”は、「私の魂=My soul」という言葉を
つなぎ合わせ、且つ南インドに位置する、アシュタンガヨガ
シャラ(スタジオ)がある場所としてもお馴染の場所、「Mysore」の音を醸しだす
ネーミングでした。

でも、地名のマイソールによく似た名前は、yoga関連商品名などなどで、既に目に
していたことから、いくら『スペルが違う』とはいえ、似たような名前で
皆さんを混乱させるよりも、全く日本ではみない、聞かない名前で商品に
命を植え付けてみよう!その方が皆さんに覚えていただけるのでは?

そんなおもいから、最終的にメンバーSの出した"AMOOP"に決定しました。


“AMOOP(アム-プ)”とは、インドの公用語ヒンディ語からきていて、
「比類ない」「類まれな」「最高の」という意味を持っています。


私たちは、ネーミングを”AMOOP”に決定したその日からさらに心を新たに、
「類まれない女性たち」のために、これまでにない「最高の」ヨガウェア
作り出そうと心に誓ったのでした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amoop.blog114.fc2.com/tb.php/14-48265203