スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から5ヶ月が過ぎて 

毎年この時期になると、盂蘭盆があり、
また、終戦記念日を思いだし、戦没者を偲ぶのが毎年のことでしたが

photo02.jpg


今年はその悼みに、あらたな悼みが重ねられることとなりました。




今日であの『東日本大震災』から5ヶ月。

今もってなお、あの震災で何もかもが流されて壊され、
尊い人命が奪われ、生き残った人たちの心には
拭い去ることのできない、深い傷跡を残しています。



あの、大震災が発生したのが、雪のちらつく3月でした。


まだまだ冬の寒さの厳しい季節、でしたが 時は移り変わり、今はもう夏。



必要になってくるものが、時間の移り変わりと共に変わってくるなか。

わたしたちが、"AMOOP"のウェアを被災者に届けたい
と思うようになったのは、
6月のとあるニュースでの報道がきっかけだったんです。


「今、被災地では、例年にない暑さで、
着るものがなくて、困ってる」と。



ちょうどそれがそのころは、AMOOPの
直営オンラインショップ "Global Yoga Style"で

『暑い夏に、さらっと着れるヨガウェアを、
ヨガだけでなく、もっと使いまわして
快適な夏を過ごしていただこう!』

という想いを込めて
『夏☆割』という割引企画の準備をしていた時期でもありました。


「だったら、被災地の方にも、
 ウェア、使ってもらいたいよね!」


そんな社長の即決即断のもと、
今回のAMOOPの寄贈が進められたのですが、
次に問題になったのは
それをどうやって、『必要な人』に届けることができるか?

ということでした。



さまざまな善意の支援物資が、日本中からだけではなくて
世界各国から届けられるなか、

支援物資が、倉庫などにとどまってしまって
被災地や被災者に届かない、ということを
これまでにも、何度も耳にしていたこともあって、

「この暑い時期に、ウェアを必要としている人に、届けたい。」


『でも、今支援物資を出しても、倉庫に眠ってしまうことに
 なりかねないのではないか。。。』


色んな慈善団体が活動しているけれども、
一体どこにお願いすれば、私たちが被災地に実際に
足を運んで手渡す!ごとく、届けてもらえるんだろう。。。


『必要なものを、それを必要とする人に届ける』

というごく当たり前に大切なことが、
果てしなく大きな困難として
わたしたちの前に、立ちはだかったのでした。

つづく・・・

A M O O P

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amoop.blog114.fc2.com/tb.php/199-ae3fc913

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。