FC2ブログ

アジアヨガコンフェレンス 2008 

AMOOPでは、今年7月に香港で開催される、アジア最大のヨガイベント、
アジアヨガコンフェレンス(AYC)のスポンサーとして、コンフェレンスを
協賛支援することになりました!


当初は、1スポンサーとして、コンフェレンス開催中
AMOOPのヨガウェアの商品をご紹介していく、
ということを考えていたのですが、


AMOOPにしかできない何かができないか?
どうせなら、もっと何か楽しいことを、そしてもっとヨガ的に、
何かお役に立てることができないか?



そんな考えの末に、AYCのツアーを企画して、
参加者の方々と、ヨガを深める喜びを共有し、また開催中は
日本語で日本からの参加者の方のサポートをやってみたらどうか?

という思いから、弊社でAYCの日本語WEBページを準備し、
3月末に立ち上げるに到ったところでした。


7月まであと3ヶ月という現在ですが、先日開催地の香港で、
主催社によるプレスコンフェレンスが開催され、出席してきました
ので、そこでリリースされたコンフェレンスの内容について、
今回は皆さまにお伝えしたいと思います。


           ayc02




まず、主催社のコンフェレンス・マネージャーPaveenaさんから、
去年のコンフェレンスの実績についての説明から始まりました。


        ayc paveena



* 去年の参加者は約2000名。
  出身国は香港がダントツで65%、ついで台湾・日本(!)、
  そしてアメリカ・シンガポール・オーストラリア・ドイツなど、
  アジアでの開催にも関わらず、世界中からヨギーが集まった
  2007年のエヴォリューション。


* 今年のクラスも、85%がBeginner-Friendlyのクラスを準備。
  現在ヨガをやっている人だけではなく
  「やってみたいけどまだ。。」
  という人にも是非参加して欲しい、と呼びかけが。


* 同時に、上級者向けのクラスも完備。
  CET(Continuous Education for Teachers)という
  ヨガの先生向けのクラスも多数設けられているので、
  どのレベルのヨギーにも楽しんで参加してもらえるよう、配慮。


* 今年のスペシャルゲストには、
  H.H.プジャ・スワミ・チダナンド・サラスワティジ氏が参加される
  ことが決定。
  この偉大なスピリチュアルリーダから、私たちの日常生活で、
  身体・心・精神・魂のためにどう、ヨガと関わっていくか、
  などについて、語っていただく機会も。


* サタデーナイトイベントでは、ジャイウタルによるキルタン音楽で、
  参加者が一つになるコンサートの開催を。


* また、ヨガエイド・チャレンジ、108回のサンサルテーションを
  行うチャリティイベントが予定されている。
  「108回もできない。。。!」という声もよく聞かれるそうではあるが、
  皆が一緒に揃ってサンサルを行なうわけではなく、
  自分のペースでサンサルテーションを行なうことができ、
  ヨガを通じて他の人に捧げる一体感が、素晴らしいイベントでもあるらしい。


* このヨガエイド(YogaAid=ヨガを通じて恵まれない子供たちに
  チャリティ活動を行なっている団体)チャレンジは、最近では
  オーストラリアやインドのヨガイベントでも、行なわれている。
  ヨガエイドのClive氏はこのプレスのためだけに、オーストラリアから
  飛んできて、1人でも多くの参加を熱く呼びかけていた姿が、印象的。

  
        aydyogadia



* そしてクラスは、去年にも増してバラエティ豊か。
  パワーヨガやアシュタンガヨガなどのヨガをはじめ、
  アクロヨガやアヌサラヨガ・クンダリーニヨガ・ヨギックアーツや
  ユニバーサルヨガ・ラフターヨガやジバムクティヨガ・フォレストヨガなどなど、
  ここに書ききれないほどの、様々な形・流派のヨガのアサナのクラスが
  盛りだくさん開催されるほか、
  
  アーユルヴェーダやヨガスートラ、ヤマニヤマやバガバッドギータなど、
  ヨギーにとっても知っておきたいトッピックのレクチャーも
  盛りだくさんに準備されている。 
  それから、Spiritual Nutritionといった、ちょっと気になるレクチャー
  もあって、どのクラスを取ろうか迷ってしまうほどの充実さが嬉しい。 
  (詳しくはこちら


* もちろんそれらのクラスをリードする先生たちも、世界のその流派の
  マスターたちばかり。。。
  

ヨガを多面から学び、そして理解を深めることが期待できる
今年のコンフェレンス。ヨガ経験のレベルに関わらず、自分の内面を
より見つめなおす機会として、今年のコンフェレンスのテーマ


  「意識を目覚めへ」


を是非体感ください。



また、ヨガのインストラクターの方たちは、生徒さんを導く存在だからこそ
常に知識や指導力をアップグレートしていただき、日常のクラスでの
悩みや行き詰まりなどを肥やしにする、まさによい機会だと考えます。


英語でのクラスということで、戸惑いもあるかと思いますが、
私たちAMOOPができる限りバックアップさせていただきます。


1つ前へ踏み出すチャレンジがあれば、
あとは海外開催ならではのオープンなヨガのコミュニティがきっと、
包んでくれることでしょう。


アジアヨガコンフェレンスに関して、またツアーでの参加について、
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amoop.blog114.fc2.com/tb.php/37-1eae542c