FC2ブログ

テーマの1つは“美尻”のシルエット 

「どうしたら、お尻ラインのシルエットを美しく出せるのだろうか?」


AMOOPの開発当初より、担当デザイナーさんにお願していた大きなポイントの1つが、


「お尻のラインをきれいに出すパンツにして欲しい」


ということでした。


かくいう私yogalamも、お尻の「シルエット美」には程とお~い惑星に
生息する人種でありました。

お尻の悩みは人それぞれではありますが、私の場合をあえてここであげて
みますと、いわゆる「平べったい・デカ尻」であることが、問題の根源です。


なにしろ、重力と共に簡単に「お尻の肉」が下の方へ移動してしまい、
その下にうつったお肉が(太ももとの境に)居座ることで、どこまでがお尻か、そしてどこからが脚なのかがよくわからず(笑)、それでなくても座高が高い(というか足が短い)下半身が、さらに「短足」になってしまいがち、
という、類の問題です。


またそれと同時に、お尻と太ももの肉(というか脂肪)のが溜まった箇所が
下着を着けたときのいわゆる”パンティライン”を形成し、このラインは
柔らかい”太もも尻”の脂肪たちに、埋もれてしまうのです。。

そして、当然埋もれたラインは肉を押し出し、肉の段差ができるわけですから
ヨガパンツを着用した姿は、ご想像がつくかと思います。。。

もちろんそこには、きゅっと引き締まってプリっとあがった小尻などからは
縁遠い姿がある訳です。


自分の悩みは果たして自分だけのものなのか、或いは他に仲間がいるのでは?
との仮説をもとにヨガスタジオなどで、他の参加者の「ヨガ姿」を観察(!)
してみたら、同じようなヨギーニが、いるではありませんか!(笑)

仲間が存在する心強さと共に、お尻のシルエットで心密かに悩む
乙女(?!)たちの多さを実感した瞬間でもありました。


そこで、お尻ラインのシルエットに着目し、きゅっとした”美尻”の
シルエット作りのために、

* ネガティブ要因を取り除き
* ポジティブ要因を加える

の2方面から取り組み、
“「垂れ気味のお尻」から『美尻のライン』を創り出す!”

というSTEPで取り組みました。


そこであがってきたのは「どの程度の補正機能をウェアに持たせるか?」
という問題点でした。


ボディスーツやコルセットを例にとってみるとわかりますが、
カラダのラインを強力に補正するためには、締め付けてお肉を移動させ、
新しい体のライン作る類になるため、どうしても圧迫さが抜けないという
点が見逃せません。


「カラダを締め付けて作る人工美」を優先させるか、或いは
「カラダへ締め付けないタイプで、ラインの美しさは二の次にするか?」


悩みながらも常に見つづけたのが、"Amoop"の目指す場所です。

それは、私たちは当初より『ヨガは心地良いもの』であるものだから、
肌触り・カラダへのフィット感の”心地よさ~”のあるウェア作りを
するという到着点です。


そのため、カラダを締め付ける「補正ウェア」として誕生させるのではなく、
着心地感を犠牲にせずに、"comfortable"なタッチをまず確保して。

しかも! 自然にボディラインを調整して『シルエットの美しさ』を
描き出す、そんな欲張りな着心地感の優れたウェアを作りたい。


そんなヨガウェアを着用しながら、

アクティブに  "active"
気持ちよく   "comfort"
女性としての優雅さと共に "elegant"

ヨガを楽しんでいただくこと、それが"AMOOP"ウェアを開発する上での
必須達成目標となっていきました。


「そんなことができるのか?」そんな不安がよぎってみたり。

でもそれを実現化させることこそ、"Amoop" の存在意義だとの思いで、
チーム一丸、進んでいきました。


スポンサーサイト



コメント

ヨガウェア【魅せヨガ AMOOP】

応援しています!
これからも頑張ってください。
私も及ばずながら頑張ります!

ken さん

とても遅くなりましたが。。^^;
ありがとうございます!

2nd Seasonがモウ間もなく誕生します。
今後とも、宜しくお願いいたします♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amoop.blog114.fc2.com/tb.php/4-ae0e6034